2016年6月4日土曜日

重要!インソールをかかとで合わせて入れないと・・・!

【重要】インソールはかかとであわせて履く!!
インソールをご購入頂いたサッカーをしているお客様で、インソールを入れたら最近、足が痛くなると連絡がきました。
最初は調子も良かったし、気に入ってくれて二足目も買って頂いているお客様です。
なぜだろうと思い、状況を見せていただきました。
そして、パッと見てすぐその原因がわかりました。

ファイン・プロデュースで扱っているインソールFoot-KインソールBLITZは、ともに足裏アーチを理想の形状にする際の姿勢改善のポイントとして、かかとの骨(踵骨)にアプローチをかけています。そのため、かかとの収まる位置が重要となっています。
ファイン・プロデュースのインソールはかかとにアプローチをかけています。
インソールのかかとの部分にキチンとあなたのかかとが収まっていないと効果を発揮できないどころか、アーチ形状をも狂わせてしまいます。
かかとがずれた状態でインソールを使い続けるとインソールがただの邪魔なものにしかなりません。
足や関節の痛みとなって現れてくるのも時間の問題です。
また、足の裏ってそれほど敏感で、体に与える影響の大きな部位でもあります。

どこのメーカーの社外のインソールもそうだと思いますが、使い方を間違えてしまうとインソールの効果は発揮出来ません。

納品時(特に手渡しの時)にはいつも、説明書を渡すだけではなく、しっかり口頭で説明しているはずですが、時間が経って、インソールが当たり前になった頃には、忘れてしまう人もいるんです。

そして、今回のお客様も同様に、かかとの位置がずれたまま使用していました。
お客様のシューズとインソールをキチンと調整して入れ直して履いてもらったら、バッチリ!
インソールはかかとであわせて入れる

再度インソールの特徴と使い方を説明して帰ってきました。

この一件で、定期的にお客様へのご連絡は重要だなって再確認できました。


インソールやシューズを扱っている人にとって、靴やインソールはかかとに合わせて入れるっていうのは当たり前の話なんですが、普通の人にはそこまで考えていない人が多いってことです。
(考えてみたら自分もまだインソールを扱う前、使う前は気にしていませんでした!)

弊社としてもせっかく買って頂いたお客様には効果的にインソールを使っていただきたいですからね。



P.S.
バランスを補正し、足裏アーチを理想の形にし、アーチを活性化させるインソール。
足裏からアプローチすることでパフォーマンスアップを実現するインソール。

そのインソールの詳細はこちらを見てください。インソールも用途別のラインナップが増えてます!


https://fine-produce.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1994774&csid=0