2016年2月5日金曜日

歩数計のカウントはあなたがダメージを受けた数!?

今日は一万回、足にダメージを与えました!
今日は一万回、足にダメージを与えました!

健康のために歩数計で一万歩を目標に毎日歩いている方がいます。

多くの先生やテレビ、健康雑誌などで良く言われている、『毎日一万歩を歩きなさい!』
これ、全て間違っているわけではありませんが、鵜呑みにしていると、とんでもないことになります。
歩いて体力や筋力を作ることは、もちろんいいことです。

しかし、この一万歩の根拠、みなさん知ってますか?

性別や年齢で違いはありますが、カロリー摂取の見解から一万歩は割り出されています。
カロリー必要摂取量からみて1日平均1割増しのカロリーを取る方が多いためオーバーしたカロリー(サラリーマンで200kcal)プラス今まで蓄積したカロリー(100kcal)を合わせて300kcalを消費させるため一万歩という数字が出てきているらしいです。

なるほど~!

カロリーうんぬんは置いておいて、肥満防止や体力作り、生活習慣病にならないようにするっていう観点からはそれなりの根拠があったんですね。

でもあなたはどうですか?
長い間歩くと足や膝、腰など痛くなることありませんか?
それでも頑張らなきゃならないんですかね?
この一万歩を歩くということに足や体の痛み、不調は考えられてはいません。
現在の硬いアスファルトを何の準備もなく歩くと足にダメージを与えます。
歩き終わるたびに足や痛くなったところをケアしてあげないければなりません!

じゃあ、そのケアをどうすればいいのか……。

今回はそういう話ではありません!

硬い地面を歩くには足裏の機能であるクッションの機能を有効に使う必要があります。
この機能は幼少時から裸足で歩くことをよくしていた人はしっかりできている人が多いのですが、欧米ほどではないですが靴社会が進んだ現代社会では足の筋力が 未発達になりアーチがしっかり付いていない人が多くなっています。
また、年齢とともに土踏まずのアーチが崩れてしまっている人やトレーニングや運動のやりすぎでアーチが崩れてしまっている人もいます。
こういった方はクッションの機能を低下している場合も多いです。

このクッションの機能が低下した状態で硬い地面やアスファルトを歩くと一歩一歩が足にダメージを与えてしまいます。
この機能の低下、どう改善すればいいのか?

Foot-Kインソール
これ、知ってますか?

足にある3本のアーチ(1本の横アーチと2本の縦アーチ)を理想の形に仕向け、母趾球、小趾球、カカトの3点にかかる足圧を均等にかかるように補正するインソールです。
今のあなたが長年培った歪んだバランスで固めてしまうインソールとは違います!足型通りに作るインソールではありません!
バランスを正すのです。補正するのです!
傾いたままの土台はいくらしっかりしていてもダメです。バランスの崩れが、体の各部位に歪みを生じさせてしまいます。だから、土台はバランス良く、しっかり安定していた方が良いのです!
これは、その人間の土台をしっかり安定させる機能も持ったインソールなんです。
そして、足裏アーチを理想にすることで、足裏アーチの役目のバネの機能とクッションの機能を活性化させてくれるので、非常に歩きやすく、地面や床からのダメージをも緩和してくれるインソールです。
足裏3点アーチが重要

これさえあれば、一万歩=一万回のダメージから解放されるはずです。

これで安心して、
しっかり歩いて、
生活習慣病対策!
肥満防止!
体力アップ!
筋力アップ!
をしましょう!

末永くスポーツを楽しむために、
あなたのステージにあったインソールをこちらで確認できます▼
https://fine-produce.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1994774&csid=0

※最近、カロリーうんぬんの話しはありますが、ここでは割愛いたします。カロリー、糖質などで検索するといろいろ出てくると思います。

-宮坂 康太郎-