2015年9月4日金曜日

インソールが伝言ゲームの『カギ』となる!?

歩くとき、走るとき、跳ねるとき、人の力を地面に最終的に伝えるのはシューズです。もう少し細かく言えばシューズの底です。
そして、体の中でそのシューズに力を伝えるところが足の裏なんです。当たり前ですね!
歩いたり、走ったり、跳ねたりするときはシューズが地面を蹴り、そして着地するときは、シューズが地面に接します。
地面を蹴るときは足からシューズへ、着地するときはシューズから足へ情報を伝達しています。これも当たり前ですね!

でも、足の裏って体の表面積の5%しかないことは、あまり意識している人はいないのではないでしょうか?
でも、あなたはその5%に託しているんです。力を地面に伝えることと地面からの衝撃を体に伝えることを!
そう考えると足の裏って大事にしないとって思いませんか?

歩くという行動一つをとってみても、脳から『歩く』という信号を出し、各筋肉にそれを伝達し、それにより各筋肉が動き出す。
そして、最後に足の裏がシューズに力を伝え、そのシューズが地面に力を伝えます。

これってまるで、伝言ゲームみたいですよね。
途中までキチンと伝わっていても最後で間違ったら元も子もありません。

その伝言ゲームを正しく最後まで伝える秘密、実は足裏にある3点(箇所)にあるのはご存知でしょうか?

その3点とは、母趾球、小趾球、かかとの3箇所です。

その3点のバランスが正しく作用している時、すなわち土台がしっかりしているとき、筋肉からの情報をシューズや地面、ペダルへと正確に伝え、あなたの本来のパワーを引き出すことが出来るのです。

その3点を正しく作用させるためにはバランストレーニングやコア(体幹)トレーニングなどをしっかりすることで解決出来ることも多いと思います。

が、しかし、もっと簡単な方法があります。

それは・・・・・、

インソールを使用することなんです。

ファイン・プロデュースで扱っているインソール、Foot-KシリーズBLITZシリーズはどちらも足裏からシューズへ正確に情報を伝えるために、その3点に均等に力がかかるように 設計されています。

また、バランスが補正されるので、膝や腰、肩に普段からかかっていた無駄な負荷を減らす効果も持っています。(よくこのインソールを履いてい たら自然と腰痛や肩こりが治ったって言っている人もいましたが、この効果のおかげだと思います)

さらに、その3点を結ぶ3本のアーチ(土踏まず)の機能を飛躍させることでアーチの機能である、バネの機能とクッションの機能を助けてくれます。

バネの機能を助けることは、よりパフォーマンスをアップさせます。(たとえば、歩いたり、走ったりしているとき、次のもう一歩目がスムーズに行きやすくなる)

クッションの機能を助けることは、地面からの衝撃を緩和して、足や各関節への負荷を軽減するので、ケガの予防に役立ちます。

堅さと柔らかさを兼ね備えた、この不思議な感覚、感触をもつインソールだからこそ、これらの効果を持たせることができるのです。

パフォーマンスをアップさせ、ケガの予防にも繋がるこのインソール。
今や、末永くスポーツを楽しむための必須アイテムになりつつあります。

アイテムに頼らず、体を鍛えていくことも素晴らしいことだと思いますが、こういうアイテムを利用して効率よく、ケガを防ぎながら体を鍛えるのも一手ではないでしょうか。

これを読んで少しでも興味を持った方は是非、こちらをご覧になり、あなたのステージにあったインソールを選んでみてください。

コストパフォーマンス抜群のインソール『BLITZ』
https://fine-produce.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1994774&csid=2

よりこだわりを求める人のためのハイグレードインソール『Foot-K』
https://fine-produce.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1994774&csid=1


-宮坂 康太郎-