2015年2月16日月曜日

これで歩けるのか?初期のモビルスー○は偏平足!

ちょっとゆる〜い感じの記事ですが、最後の方は真面目に書いてますよ!

先日、長男が初期のガン◯ムのプラモデル(通称ガンプラ)を一生懸命作っていた。その長男の姿を見て、私の小さい時、ガンプラをコレクションしてたことを思い出した、と同時に、最近のガンプラはずいぶんとこまかくなったなぁ~、色は塗らなくてもできるんだ~、なんて思っていたら、足部分を見て、おーって、足フェチ!?の血が騒ぎ出してしまった。

これは…!


ガンプラ

偏平足ではないか!?しかも、かなりの!!
これでは、こいつは動いても、まともに歩けるはずがない!
それよりこれで、大地に立つ、ことはできるのか?
歩けたとしても、その時の振動がボディに伝わり、中に乗っている人(ア◯ロ)はとんでもないことになるはず!
これ、足圧バランス測定器に乗ったら凄いデータになりそうだな!
この足に合うインソールはどう作ればいいのか?
そもそもこの部分は裸足と見ていいのか、それとも靴なのか?
ってくだらないことを考えつつも、この足で本当にちゃんと歩けると思うか?などと長男に質問しながら、

足裏3点アーチ
これらの画像を見せて、足の説明を長男相手にしてしまう始末!
一度、悪い事をした時に私にぶたれたことがあるため、「親父にもぶたれたことないのに!」と言う名ゼリフを、今後、誰かにぶたれたとしても、一生言うこともない長男は、ほー、とか、へー、そうなのー、とか言いながら聞いていた。

遠い未来の話しであるガン◯ム。ミノフスキー粒子なるものが、きっとバランスを調整し、この構造でもキチンと歩けるようにしてくれてるのだろう。

しかし、今現在、そのミノフスキー粒子というものは存在しない。自分では、なかなか気が付かない荷重バランスの崩れ。その崩れたバランスは自助努力でなんとかしなければならない。
バランスが崩れたまま歩行をすれば、知らず知らずの内に各部位に負荷をかけてしまう。
外反母趾や足底筋膜炎、膝痛、さらには腰痛や肩こり、偏頭痛にまで発展する可能性もある。
またガン◯ムのように偏平足の人は足裏アーチの機能が低い場合が多く、さらにその負荷を大きくしてしまう。

そんなあなたは、ミノフスキー粒子の登場を待つなんて悠長なことは言ってられないはず。(そもそも、それはバランスを取るものかどうかはわからないが…)

バランスを矯正するもの。足裏の3本のアーチ(上図2枚目)を理想の形にして、足の拇指球•小趾球•カカト(上図2枚目)の3点にかかる荷重を均等に調整してくれるもの。
足裏アーチの本来の機能を発揮させ、歩く、走る、動くをしっかりさせてくれるもの。
今では、このバランスを矯正するインソールがベストな方法です。
バランス補正インソール

ただ闇雲にウォーキングしたりトレーニングしたりする前に、この準備もお忘れなく!
ケガをしたり体を痛めてからでは遅いですよ!

前半部分はわかる人にはわかるっていう内容ですみません。でも後半部分は本気で書いてますよ!

この内容、信じるか信じないかは、あなた次第!


-宮坂 康太郎-



0 件のコメント:

コメントを投稿