2016年4月17日日曜日

注意!インソールを使っていることが自然体となった時の弊害

【注意!】インソールを使っていることが自然体となった時の弊害

おかげさまで、株式会社ファイン・プロデュースも設立より2年半(前身のFPリサーチを含めると7年)が過ぎました。

不定期ではありますが、お客様へアフターフォローの電話やメールをする件数も増え、いろいろと感想などを聞いたりしています。
代表的なものは、

足が痛くなくなった。
腰痛で病院へ行くことがなくなった。
マラソンでベストタイムを出した。
自転車競技で完走できた。
体のパワーの伝わり方が変わった。
スムーズに動けるようになった。
という、感想です。が、

もちろん、

あまり使っていない。
良いのかどうかわからない。
あまり効果を感じない。
って方もいらっしゃいました。

そして、驚くことに意外と多かったのは、
靴に入れたまま捨ててしまった。
という方でした!!

しかし、靴に入れたまま捨ててしまった方って、インソールに興味がないのかと普通思うかもしれませんが、ほとんどの方が、電話やメールで、再び購入してくれます。


なぜ?

聞いてみると、インソールを使っていることが当たり前になっていて、靴を捨てるとき何も気にしないで捨ててしまった、というお話しでした。

なるほど!

インソールを使っていることが自然体となっているってことが原因でした。


確かに、ファイン・プロデュースで取扱っているバランス補正インソールは、初めて使ったときはバランス補正の効果で存在感がありますが、それに体が慣れてくると、バランスも補正されて、インソールを入れていることを感じなくなってきます。
自然体となっていることは、そのお客様には充分効果があったということです。
喜ばしいことです。

しかし、こんな弊害があったとは・・・。

インソールをご購入いただきましたお客様は、今後、靴を新調し、古い靴を処分されるときは、しっかりとインソールが入っていないかを確認してください。

古い靴を処分されるときは、しっかりとインソールが入っていないかを確認してください


弊社とメーカーが儲けてしまうだけですよ。

オーダーメイドインソールとセミオーダーインソールならインソールのカラーも選べます。

多くの方は靴の元々のインソールのカラーに近いものをチョイスしますが、全く違ったカラーにしてしまうのも防止策になるのかもしれません!

バランス補正インソールに少しでも興味が沸いたら、こちらで確認してください