2015年11月6日金曜日

フィット感重視?バランス重視?~インソールの効果~

足がすべてを支えている。

□足の裏は全体重を受け止めています!


体表面積のたった5%の足の裏。
立っていると、そこに全体重がかかっています。
当たり前のことですが、改めて聞くと凄いことだなって思いませんか?
そんな小さな面積で体重を支えている足の裏。あなたはその足の裏にどのような機能を持っているか知ってますか?


足の裏はただ体重を支えているわけではありません。
ヒトは足を使って様々な行動をします。立つ、歩く、走る、跳ねる。
それらの行動は、足の裏が司っていると言っても過言ではありません。
体から地面や床へ力を伝える体の最終的な部位は足の裏です。
そして、通常の行動や運動で足の裏と接しているのはシューズの中にある中敷きです。そうです、インソールです。



□あなたがシューズを選ぶときの基準はやっぱりフィット感?


そのインソール。大抵のシューズにはしっかりとインソールが入っています。最近ではスポーツ用のシューズには色々と工夫を凝らしたインソールが入ってたりして、それで充分って感じのものもあったりします。
ただ、一般的なシューズはどちらかというと万人受けするもの、フィット感重視のものが大多数です。それは店頭でシューズを履いて確認する際にフィット感は一番わかりやすい、感じやすいのでシューズを選ぶ際の基準になるからだと思います。
そのため、シューズメーカーはそのフィット感に開発や研究に力を入れるのは当然なのです。
しばらく履いていると馴染んできて、当たり障りもなく、痛くもならず、そして快適なので、これは自分にあったシューズだったと考える方が多いのです。
それはそれで問題はないことだと思います。
フィット感があるとジッと立っている時、足は楽ですからね。



□バランスを補正するインソール。その効果は?


しかし、シューズと足の裏が接している一枚のインソールをフィット感ではなく、バランスを補正するタイプのインソールに取り換えると、グッとあなたのパワーを引き出せるということを知っていますか?
インソールでアーチを理想に近づけバランスを補正することで、ケガの予防になるってことを知ってますか?
バランスを補正することで膝や腰、肩の痛みが和らぐことがあるって知ってましたか?

インソールを使って足裏アーチを理想に近づけ、母趾球、小趾球、カカトの3点で均等に足圧がかかるように補正します。
そして、足裏からバランスを補正することで、あなたの体のアライメントを正し、体の基本姿勢を正します。それにより、各関節への負荷も軽減します。

インソールで3点アーチを理想に近づけ、3点にかかる足圧を均等にします。
バランスを補正して姿勢を正すことで腹筋周りの体幹を安定させるので、体幹を使いやすい状態を作り出します。
体幹を使いやすい状態は筋力の伝達をしやすい状態に体を変化させます。そして、あなたの持っているパワーを引き出してくれます。
バランスを補正することで、足の裏の3点の負担を分散し、それぞれの負担を軽減します。
足の裏のバランス崩れから足圧が片寄っていたところにできた魚の目、タコなどの改善効果が期待できます。

また、アーチを理想に近づけることでアーチの主機能であるバネの機能、クッションの機能を助長することができます。
バネの機能の強化は動きを助けることで次の行動を俊敏にし、同時に疲労の軽減に繋がります。
クッションの機能の強化は地面や床からの衝撃を緩和し、体の各関節かかる負荷を軽減します。

理想のアーチをインソールで作り出すことは、疲労時のアーチの崩れ防止にもつながり、アーチが崩れた際にふくらはぎにかかる負荷を軽減してくれます。
アーチがしっかり動くことで足裏の血行促進効果があり、足のむくみを軽減させます。


□どちらを選ぶかはあなたの考え方次第です!


これらの機能を持ったインソールに、今使っているインソールを取り替えるだけで、あなたのパフォーマンスを上げ、ケガを軽減し、末永くスポーツを楽しむことができるのです。
今なら、Foot-Kシリーズインソールは送料無料です。他の商品も9,000円(税抜)以上のご購入で送料は頂いておりません。
是非一度、このインソールを体感してみてください。

足の裏は長年の疲労や疲弊が蓄積してしまいます。
それを少しでも緩和させるには足の裏をもっと大切にしてあげなければなりません。
だからと言って、足の裏を使わないようにするのは逆効果です。
足裏アーチをしっかり動かし、刺激してあげてください。


※インソールの効果にはもちろん個人差はありますので、不安な方は、商品のお問合せよりご相談くださいませ。なお、ご返答にはできるだけ迅速にお応えしたいと思っておりますが、日数がかかる場合がございます。ご了承ください。

バランスを補正するインソールはこちらで確認できます▼
https://fine-produce.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1994774&csid=0

-宮坂 康太郎-