2015年1月31日土曜日

なぜ、インソールなのか?

なぜ、インソールなのか?
インソールとは、靴の中に敷く足裏に接する部分の敷物のことです。
医療ではこれに似たもので、足底板やアインラーゲンと呼ばれる物もありますが、これらは足部疾患の治療に用いる足底装具の名称です。

足骨格を形成する3つのアーチが変形すると、様々なトラブルの原因となります。
インソールはこのアーチ構造を正常な状態にサポートすることで、トラブルを予防したり進行を抑制する効果が期待できます。
また、足裏の傾きなどを調整して膝痛や腰痛の対策にも役立つという調査結果も出ています。
足に体重をかけなければ、ほとんどのトラブルは起きません。
しかし、体重をかけないということは、「立つ、歩く、走る、動く」ことができないということになってしまいます。
そこで、オーダーメイドのインソールを履くことにより”足にかかる体重を利用して足の骨格を正しい状態に近づける”効果があります。
1.インソールの装着で安定感がアップし、スムーズな体重移動が可能!
2.スポーツによる足の負担を軽減し、翌日に疲れを残さない!
3.インソールの装着による腰痛・膝痛を軽減!


https://fineproduce1.blogspot.jp/p/blog-page_29.html

インソールを使っている方からの声